歯が痛い・しみると感じたら

歯が痛い・しみると感じたら

「歯が痛い」「冷たい物がしみる」などの違和感は、虫歯が原因かもしれません。虫歯は初期段階ではほとんど痛みが出ないので、上記のような症状があるならかなり進行してしまっている可能性があります。そのまま放置してしまうとさらに悪化し、抜歯が必要になる場合もあるので注意が必要です。日頃からセルフケアや定期検診で、虫歯予防に努めましょう。こちらでは、東京都杉並区の歯医者「山根歯科医院」が虫歯治療についてご紹介します。

虫歯ができる原因

虫歯になってしまう要因には以下の3つが考えられます。

三つの要因で虫歯ができる

虫歯は、三つの要因が重なった状態のまま時間が経つと次第に進行していきます。

虫歯予防には、右図の内容を意識的にコントロールすることが大事です。

三つの要因で虫歯ができる

原因①:糖分
虫歯菌の栄養分になるのが、食べかすの中に含まれる糖分です。糖分の多い食べ物を摂取し続けることで、虫歯のリスクが増加します。

原因②:虫歯菌
(ミュータンス菌など)

食後のブラッシングを怠ると、歯にプラークが付着します。そのプラークの塊がミュータンス菌などの虫歯菌のすみ家になり、虫歯菌は歯を溶かす酸を出します。その酸によってエナメル質が溶かされることで歯に穴が空き、虫歯となるのです。

原因③:歯質
歯質が弱いと虫歯菌が出す酸に溶かされやすくなります。

歯の再石灰化の仕組み
  • 歯の再石灰化の仕組み
  • 歯の再石灰化の仕組み

再石灰化とは、お口の中が酸性になり歯の表面からミネラル分が失われる脱灰と呼ばれる状態(エナメル質が溶け出し白く濁ること)から、酸を中和して歯のエナメル質を再び取り込む作用のことをいいます。時間を決めずにだらだらと糖分の多い食べ物をとり続けると、お口の中が酸性になる時間が長くなり、再石灰化を妨げて虫歯のリスクを高めてしまいます。

ステファンカーブについて~脱灰と再石灰化のサイクル~

ステファンカーブについて~脱灰と再石灰化のサイクル~

「ステファンカーブ」とは、口腔内のpH濃度(酸性濃度)を食後から測定し、酸性から中性に変わるまでに要する時間を表した曲線のことです。時間が経つにつれて、口腔内は中性から酸性に傾いていき、脱灰が進みます。その後、60分経過すると歯の再石灰化によって、お口の中が中性にもどっていきます。

虫歯の進行と治療方法

進行段階 症状 治療方法

CO初期虫歯

CO初期虫歯

歯の表面のエナメル質が溶けて白く濁って見える状態。痛みなどの自覚症状はありません。 ブラッシング指導やフッ素塗布で歯の再石灰化を促します。

C1エナメル質の虫歯

C1エナメル質の虫歯

エナメル質が溶け、歯が黒ずんで変色します。この段階でも痛みはほとんど感じません。 虫歯部分だけを削り、詰め物で患部を隙間なく埋めます。

C2象牙質の虫歯

C2象牙質の虫歯

虫歯が進行し、象牙質に達した状態。冷たい物や熱い物を口に含むと痛みを感じます。 虫歯部分を削り、歯科用プラスチックや金属で塞ぎます。

C3神経に達した虫歯

C3神経に達した虫歯

歯の神経が虫歯菌に侵された状態。常に痛みを感じるようになります。 神経を取り除き、薬剤などを充填する根管治療をおこない、詰め物・被せ物を取り付けます。

C4歯質が失われた虫歯

C4歯質が失われた虫歯

歯の根だけが残っている状態。歯の神経が死に痛みはなくなりますが、膿が溜まり痛みが再発します。 抜歯が必要になります。抜歯後、インプラント入れ歯で歯の機能を補います。
知覚過敏のお話

知覚過敏のお話

「知覚過敏」とは、歯の表面のエナメル質が摩耗して象牙質が露出し、神経に刺激が伝わりやすくなる状態です。すり減ったエナメル質は元にもどることはなく、象牙質が透けて見える「酸蝕歯(さんしょくし)」と呼ばれる症状が現れます。この酸蝕歯も知覚過敏の原因の一つといわれています。「お水を飲むと歯がしみる」「ブラッシング時に激痛がある」といった方は虫歯だけではなく知覚過敏の疑いもあります。早めに歯科医院に相談しましょう。

痛みを少なくする取り組み

痛みを少なくする取り組み

麻酔注射の痛みが苦手な患者さまも多くいると思います。当院では患者さまの治療負担を軽減するため、歯ぐき表面にジェル状の麻酔薬を塗って感覚を麻痺させる表面麻酔や、一定のスピードで麻酔薬を注入して痛みを最低限に抑える電動麻酔器を採用しています。

治療後こそ定期検診を

治療後こそ定期検診を

虫歯は、治療が終了したらそれで終わりではありません。虫歯の再発を防ぐためには、治療後のケアが重要です。ブラッシングなどのセルフケアに加え、定期検診を受診することで虫歯の再発リスクを最小限に抑えることができます。3ヶ月に1度は定期検診を受け、口腔内をいつも清潔に保てるように心掛けましょう。

診療予約はこちらから