重度の虫歯の方には根管治療を行います

重度の虫歯の方には根管治療を行います

虫歯が進行して神経まで達すると、大きな痛みが出たり抜歯が必要になるケースもあります。そんな重度の虫歯には、神経の治療が必要です。それが「根管治療」と呼ばれる、とても難易度が高い精密な処置です。根管に少しでも汚れを残してしまうと、治療が終わっても再び痛みを感じることや歯ぐきが腫れあがる場合があります。

東京都杉並区の上井草駅から徒歩3分の「山根歯科医院」では、確かな技術と経験を持った根管治療の専門医が精度の高い治療をご提供します。

根管治療(歯内療法)とは?

根管治療(歯内療法)とは?

根管治療とは、虫歯菌に侵された根管内にある神経や血管を除去し、薬剤を充鎮してから補綴物(ほてつぶつ)を装着することで歯根を残す治療法です。神経や血管の通っている根管は複雑な形状をしており、根管内の汚れは専用器具で確実に取り除く必要があります。

根管治療が必要なケース

次のような症状がある場合は、早めに歯科医院に相談しましょう。
こんな症状は要注意

冷たい飲み物がしみる
物を咬むと痛みを感じる
歯ぐきが膿んでいて、指で押すと痛みを感じる
何もしていないのに、激しい痛みを感じる

根管治療の流れ

【1】神経の除去 【1】神経の除去 細菌に感染してしまった根管内の神経などを、専用器具を使ってきれいに除去します。
【2】根管内の洗浄 【2】根管内の洗浄 根管内に細菌が残らないように洗浄します。
【3】薬剤の充鎮 【3】薬剤の充鎮 根管の先端まで隙間なく薬剤を詰め、細菌が入り込まないように処置します。
【4】構造体の構築 【4】構造体の構築 被せ物を装着するための土台(構造体)をつくります。
【5】被せ物の装着 【5】被せ物の装着 最後に被せ物を装着し、治療は完了です。

ラバーダムと拡大鏡を使用した治療

ラバーダムと拡大鏡を使用した治療

当院では「ラバーダム防湿」による根管治療をおこなっています。
ラバーダムを使用することで、唾液や細菌、歯の削りかすから患部を守り、感染症や虫歯の再発を防ぎます。また、拡大鏡を使用し、肉眼だけでは見えにくい細部の汚れまでしっかりと目で確認しながら治療をしています。

治療の中断は絶対にしないでください

治療の中断は絶対にしないでください

精密な処置が求められる根管治療は、どうしても通院回数が増えてしまいます。虫歯菌に侵された神経を取り除いた段階で痛みがなくなるため、自己判断で治療を中断してしまう方もいますが、治療を途中でやめてしまうのは大変危険です。根管治療は歯を残すための治療ですが、途中でやめてしまうと根管内に細菌が入りこんで虫歯がさらに悪化し、最悪の場合は抜歯になってしまうこともあります。大切な歯を守るために、治療が終わるまで通院を続けましょう。

診療予約はこちらから