歯周病は身近な病気です

歯周病は身近な病気です

歯周病は、歯周ポケットに溜まったプラークや歯石によって、歯ぐきや顎の骨などの歯周組織に炎症が起き、最終的には歯が抜けてしまう怖い病気です。東京都杉並区の上井草駅から徒歩3分の「山根歯科医院」では、歯周病になる前に予防するという考えをモットーに治療をおこなっています。

当院の歯周病治療の考え方

当院の歯周病治療の考え方

「歯ぐきから血が出る」「口臭が気になる」「歯がグラつく」といった、お口の違和感に気づいてから歯科医院に足を運ぶのではなく、歯周病にならないように予防することがとても大切です。日頃の生活習慣を見直し、定期検診を受けることで歯周病は予防できます。歯周病の予防について、さらに詳しく知りたい方はお気軽にお問い合わせください。

歯周病が身体に与える影響

歯周病が身体に与える影響

歯周病を治療せずに放置すると、症状が悪化してお口だけでなく全身に悪影響を及ぼしてしまいます。歯周病菌が体内に入り込むと、以下のような疾患を招くことがあります。

  • 誤嚥性肺炎
  • 脳梗塞
  • 糖尿病
  • 早産、低体重児出産
  • 狭心症

歯周病になりやすい人の特徴

歯周病は、生活習慣の乱れによって発症や進行のリスクが高まるといわれています。以下のような生活習慣に心あたりがある方は、歯周病になる可能性が高いので気をつけましょう。

喫煙 間食

喫煙

タバコの煙に含まれるニコチンが歯ぐきの血管の血流量を低下させ、歯周病のリスクが高まります。

間食

ダラダラと時間を決めずに間食をしていると、口の中にプラークが溜まりやすい状態になり、歯周病のリスクが高まります。

咀嚼(そしゃく)不足 ストレス

咀嚼(そしゃく)不足

咬む回数が少ないと、自浄作用がある唾液の分泌が促されないので、口腔内環境が悪化してしまいます。

ストレス

精神的なストレスや睡眠不足、不規則な食生活、過労などが原因で免疫力が低下し、歯周病になりやすくなります。

歯周病の症状と治療・処置

進行段階
進行状態 症状

健康な状態

健康な状態

歯ぐきがピンク色で、ブラッシングをしても出血せず、膿や口臭がない状態です。

軽度歯周病

軽度歯周病

歯ぐきに軽い炎症があり、歯周ポケットが少し深くなっている状態。ブラッシング時に出血することもありますが、痛みは感じません。

中等度歯周病

中等度歯周病

歯周ポケットが深くなり、歯を支える顎の骨まで炎症が達した状態です。歯のグラつき、腫れ、出血、口臭などの症状が出ます。

重度の歯周病

重度の歯周病

歯を支える顎の骨が溶けてしまった状態です。歯ぐきが痩せてしまい、歯が大きくグラつきます。さらに悪化すると歯が抜け落ちてしまう可能性があります。
処置方法
スケーリング
スケーリング 普段のブラッシングでは落とせないプラークや歯石をスケーラーという専用器具を使い、取り除きます。
ルートプレーニング
ルートプレーニング 歯周ポケットの奥深くに付着したプラークや歯石を専用器具で除去します。その後、歯根面をなめらかに仕上げ、汚れの再付着を防ぎます。
フラップ手術
フラップ手術 歯ぐきを切開して歯周ポケットの奥深くに付着している歯石やプラークを取り除く外科処置です。
診療予約はこちらから